searchカテゴリー選択
chevron_left

「ブログ」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

つたない言葉

THEME help
つたない言葉
テーマ名
つたない言葉
テーマの詳細
詩、ポエム、短歌、散文、小説・・ つたないけど言葉をつたえたい キモチだけでトラックバックしましょう
テーマ投稿数
7,804件
参加メンバー
489人
管理人
管理人募集中管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「つたない言葉」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「つたない言葉 ブログブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

つたない言葉の記事

1件〜50件

  • 哲学は答えの無い学問だというのなら
    2021/09/26 22:30
    哲学は答えの無い学問だというのなら

       一人でする哲学ほど簡単な学問はない。  何を書いても正解になるのだから。      他人とする哲学ほど面倒な学問はない。  何を書かれても正解にしなければいけないのだから。      哲学者がや

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 大人様ランチ
    2021/09/24 17:57
    大人様ランチ

        「なんでクソみたいに忙しい時間に来たのよ。全く気が利かない人」 「ちょっ!? 俺客なんだけど?」    中学校高校が一緒と言うこともあり、愛梨の口調に容赦はなかった。せっかくのウエイトレス姿を

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • レール
    2021/09/24 15:04
    レール

    知ってる道を辿っていけば迷うことはなくなる?自分の足跡辿っていけば転ぶことはなくなる?成功もなくなりそうだね

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 艶詩 逆転誘惑惑星 (書き直してみた)
    2021/09/23 14:27
    艶詩 逆転誘惑惑星 (書き直してみた)

         つっかえながら贈ってくれる覚えたばかりの愛言葉。  放っておいて錆び付いた学生時代の鍵穴にするりと差し込まれてしまう。  ガリガリ醜い音を立て、ギシギシ歪むその場所に、それでも君は押し込んで

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 諦め
    2021/09/18 15:58
    諦め

    何か願い事をするひと何も願わないひと前を向いているのはどっち?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • ミンミンのみんな (詩)
    2021/09/17 22:47
    ミンミンのみんな (詩)

       ミンミンゼミが  みんみんみんなで  民族衣装を  身にまとい    カンカン照りの  段々畑で  ケンケンパッパと  踊ってる    燦々太陽  コロコロ転がり  真っ赤な夕日に  変わるけど

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 【イラスト詩】オリジナルSayaka
    2021/09/17 18:09
    【イラスト詩】オリジナルSayaka

    気がつけばいつも君が居てくれたありがとうってちゃんと言葉にしようそうしたらきっと笑顔が見えるよby:shinra.kたまつく、夫が居てくれるから私は幸せです。…

    神羅

    茶トラ兄弟猫 たまつく!

  • キレるピーラー恨み節
    2021/09/16 21:47
    キレるピーラー恨み節

          こんばんは   ご無沙汰してます、ピーラーです 私を覚えておいででしょうか? ほとんど料理をしない貴方が 気まぐれに買った木柄の者です   貴方が忘れていようとも 私はずっと覚えていますよ

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 靴下をなだめる (詩)
    2021/09/12 23:57
    靴下をなだめる (詩)

        『靴下の仲裁』    靴下よ、喧嘩するのは止めてくれ。  朝は非常に忙しいんだ。仲裁している暇なんか無いよ。  今日は右足、明日は左。片方だけでは履けないよ?     『靴下の回答』    喧

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 理想像
    2021/09/12 15:50
    理想像

    それだけじゃ上手くいかないし無かったらどこに向かえばいいかわからない手が届く範囲で持ちたいけれど

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • はじまりの町で靴を買えない (詩)
    2021/09/10 22:39
    はじまりの町で靴を買えない (詩)

        たられば話を自慢口調で語り 問われたことには全部愚痴で返してる 自分のことは一から十まで武勇伝 他人のことは端から嘘と決めつけてかかる   金をくれない会社が悪いと呑んで 俺の話を聞かない政治

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 小説と詩と言葉遊びと俳句と
    2021/09/09 14:07
    小説と詩と言葉遊びと俳句と

         これらの区別はどこにあるのか。  それはわかんないけど、どういう性質を持っているのかは何となく掴めてきた。     ○ 小説は一人きりでテーマパークを作るようなもの。大々的な入場ゲートから、

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 身動き
    2021/09/06 15:57
    身動き

    手を繋いで嬉しいひと手を繋いで嫌がるひと動きにくいから?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 魚に中る (視覚言葉遊び)
    2021/09/04 20:53
    魚に中る (視覚言葉遊び)

        『友人が訳わかんない話を語り出したのは、どうやら釣って食べた生魚の呪いらしい』           |        |              ○        |        |   

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 鳴らない風鈴 (短歌)
    2021/09/02 22:17
    鳴らない風鈴 (短歌)

    Photo by Anthony  撮影場所:大阪市 西成区 某所鳴らぬなら 鳴らせてやろう 風鈴を団扇で扇ぐ 無風の真昼 庵祖兄お盆の頃から長雨が続き、このまま夏が終わってしまうのかと杞憂の毎日でしたが、やっと晴天の陽が続き、気温も上昇。  夏が戻ってきた! ! 戻り梅雨に続き、戻り盛夏だ。 うちわの子犬も 「みんなぁ~! 夏が来たよぉ~! イェーイっ♪」 と喜んでいる。(笑)  が、しっかし、エアコンも使わずに 「...

    Anthony

    Anthony’s CAFE

  • 僕かえる (言葉遊び)
    2021/09/01 23:53
    僕かえる (言葉遊び)

        赤が緑に変わったら 僕はお家にかえるんだ お一人様用お鍋セットと お玉の杓子を買ってくよ       とぐろを巻いてる上司をかわして 赤提灯に惑わされずに 人波小波をすいすい泳いで ビル谷間を

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • インパクト
    2021/08/31 15:52
    インパクト

    十回好きを言う間に一回嫌いを言った記憶に残るのは?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 流れ星を追いかけて (詩)
    2021/08/29 20:10
    流れ星を追いかけて (詩)

          今夜は星が多いみたいで あちこちポロポロこぼれてる 輝く一粒見つけた君が 目を閉じ願いを掛けたんだ ずっと一緒にいられるようにって   僕は慌てて翼を広げ 願いを乗っけた流星を追う 彼女の

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 題名を最後に書くメリット
    2021/08/27 20:35
    題名を最後に書くメリット

      胸の高鳴るこんな月でも 素肌を晒した君は冷たい 赤いワインを含んだキスさえ 過ちひとつ誘えないまま   どうか輪廻を戻しておくれ あの涙がこぼれた夜に   どうか輪廻を戻して遅れ 最後でいいチャン

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 受領
    2021/08/25 16:18
    受領

    もらったものを受け止める器が無かったら零れてしまうもらったものを使う勇気が無かったら腐らせてしまう

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 夏の験担ぎ? (小説)
    2021/08/24 17:01
    夏の験担ぎ? (小説)

           こちらは1人、向こうは残り2人。  こそこそと岩陰に隠れながらアサルトライフルでちょっかいを出していたけど、とうとう人数差がバレてしまったみたい。数的優位で押さえ込めると判断した相手チー

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 雨中の蝉 (短歌)
    2021/08/22 23:36
    雨中の蝉 (短歌)

    降りしきる 雨の激しさ 蝉の声しがみ付く夜 電柱の 庵祖兄何度も豪雨とも呼べる雨が続いた。  いい加減にしてくれよ! そう、叫びたいくらいの雨だ。 お盆の間、その前後に、こんなに雨が続くなんて記憶に無い。 洗濯ものが貯まるいっぽうだし、なんだかカビっぽい。 それに第一、長い間、直射日光を見ていない。 鬱傾向というか、鬱気味、というか、、、 ハッキリと鬱だということを自認できる。 そんな時、雨音に混...

    Anthony

    Anthony’s CAFE

  • 妄想
    2021/08/19 15:54
    妄想

    幸せばかり見るひと不幸ばかり見るひと幻はどっち?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • キノコタケノコ (言葉遊び)
    2021/08/18 12:42
    キノコタケノコ (言葉遊び)

        『キノコ竹の子肩を組む』   昨日のキノコと竹の子コケたの。 ケタケタ猛々くじけない。       *******    同じ文字を使う言葉遊びだね。  平仮名にすると、 『きのうのきのことた

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 『無策』 ~夕暮れの詩~
    2021/08/17 14:28
    『無策』 ~夕暮れの詩~

                 足音を立てて駆け抜けた雨は、夕暮れに燃える山を飛び越え、僕の知らない町に着地した。    夏空を行く彼の名前が夕立なんだとこっそり教えてくれたのは、 仕事へ向かう前

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 渋滞 (詩)
    2021/08/13 23:19
    渋滞 (詩)

                                                                      青く染まったフロントガラスに みんなが好きな雲を乗せ 一列になって街

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 消化不良
    2021/08/13 16:31
    消化不良

    悲しいを悲しんだひと悲しいを誤魔化したひと出し切り方がわからない

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • うだる夏 (短歌)
    2021/08/11 19:46
    うだる夏 (短歌)

    左から そして右から 蝉の音が頭に響く うだる夏 庵祖兄昨日は、大阪市内の最高温度が38.9度を記録した。  埼玉だとか高知だとかの名だたる暑さの場所を越えて、大阪の、それも市内が、この日の日本一気温が高い場所になった。  大阪市内は観測史上2番目の暑さだったけれど、1番を記録したのは1994年8月8日の39.1度。 阪神大震災が起こる前年で、家で飼っていた猫2匹が暑さで風呂場で寝ていた。 で、そん...

    Anthony

    Anthony’s CAFE

  • 等号で消える定め
    2021/08/08 21:15
    等号で消える定め

         Yはいつだって揺るぎない答えだった。  その唯一の憧れを目指し、Xは無心に追い求め続ける。    一人で辿り着けないのなら、多様な仲間をかき集め、満ち足りるまで増やし続けた。  逆に自分の身

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 肩の荷
    2021/08/07 16:03
    肩の荷

    荷物を持ちきれなくなったら重いもの軽いものどちらを置くの?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • みっしつの小部屋 (艶詩)
    2021/08/06 23:12
    みっしつの小部屋 (艶詩)

          膨らみ続ける子供心が窓を砕いた夜だった。  飽和した世界に生まれてしまった無数のささやき、歌声は、疑似の光に置き換えられて、確率の波に流されていく。それは救われることのない命の片割れたち。

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 囚われる幸せ 最終話 (短編)
    2021/08/03 23:10
    囚われる幸せ 最終話 (短編)

        ←前話      初冬の佳月かげつの下、気は凍え風は荒すさぶ。      冬に臨む木々は、広げた褥しとねへ着物を落とす女性のように葉を散らし、白い霜に抱かれた様子は肌襦袢はだじゅばんを纏った姿

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 囚われる幸せ 3 (短編)
    2021/08/02 22:56
    囚われる幸せ 3 (短編)

        ←前話      お姉ちゃんが、自分だけの世界を紡ぎ出すようになったのは、12で失明してからすぐのことだった。  最初は可哀相だと思ったことを覚えてる。失った視界に執着して、執念で世界を取り戻

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 白き夏シャツ (短歌)
    2021/08/01 23:48
    白き夏シャツ (短歌)

    梅雨明けの 街に差し込む 光かなあの娘の笑顔 白き夏シャツ 庵祖兄梅雨が明けて、それまでの鬱屈とした気持ちが、多少は軽くなってきました。 オリンピックという、スポーツ競技の国際大会の集中開催なだけのことを、「絶対に行わなければならないもの」 として現在のパンデミック状態の日本で行うということの愚行に対して、気持ちが重たいけれど、、、 買い物に出た帰りに見かけたたあの娘。 何の営業廻りかはわからない...

    Anthony

    Anthony’s CAFE

  • 反撃
    2021/08/01 15:39
    反撃

    同じことをやり返されること言葉で言い含められることどっちの方が反省できるかな?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 肺活量
    2021/07/26 16:17
    肺活量

    息がしやすいひと息がし辛いひと深呼吸しても苦しいだけ

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 価値判断
    2021/07/20 16:24
    価値判断

    当たり前に従うひと当たり前に疑うひと他人から見たらどうなの?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 梅雨明けに出会うもの (詩)
    2021/07/16 22:37
    梅雨明けに出会うもの (詩)

        帰り道で夏に出会った。 酷い暑さで幻を見たのかと思ったけど、確かに夏は目の前に居た。   冴え渡る青空に向かって問いかけてみる。 どうやら彼は夏の布令(ふれ)をみんなに知らしめる役割を担ってい

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 囚われる幸せ 1 (短編)
    2021/07/15 21:54
    囚われる幸せ 1 (短編)

           初春、令月の空は和らぐ蕾の奥に控えて、薄く、遙かに伸びていた。  日差しが世界を焼くようになると、木々の緑は色を増し、真っ白な入道雲を呼び寄せる。雨は透明な水色だった。  雲を蹴散らす風

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • ごまかし
    2021/07/14 16:35
    ごまかし

    着飾った記憶取り繕った記憶それは本当に正確なの?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • キの根の踏ん張り (詩)
    2021/07/12 22:08
    キの根の踏ん張り (詩)

        梅雨明け間近にジメってしまった やるキの根っこは腐ってしまって 花芽がつぼみで落っこちる   まずいまずいとお薬撒き撒き 応急処置だけしてみたけれど 先に控える夏の暑さに こんキが耐えてくれる

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • こども・ろんぱ (会話)
    2021/07/11 18:09
    こども・ろんぱ (会話)

      「必要な単語を打ち込めば、自分の代わりに調べてくれるなんて言うのは幻想なんだよ。  パソコンは助手のように調べてなんかくれないぞ? ネットの海に漂っている情報を集めてくれるだけ。調べるというのは、

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 持論
    2021/07/10 23:31
    持論

       雲は常に変化し続けて、止まることなく形を成している詩人。  木々は百年を繰り返す色彩で、世代を超えた感動を与え続けられる作家。  波はどこにも同じ音が無い筈なのに、悠久普遍と評される歌手。  

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 紫外線
    2021/07/08 16:13
    紫外線

    青い空曇り空あまり晴れると光が眩しすぎる

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 替え歌 『令和の七夕』
    2021/07/07 22:54
    替え歌 『令和の七夕』

        七月七日は曇り空 星の欠片さえ見えなくて 令和僕らの道のりは 遠すぎるよ 距離よりも 思い出しては過ごしてる 可愛い唇笑い顔 いつになれば触れあえるだろう 気兼ねなく抱き合えるかな   雲の上

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • ゾロ目が「やっちまえ」とそそのかす夜 (詩)
    2021/07/06 22:27
    ゾロ目が「やっちまえ」とそそのかす夜 (詩)

          太ったパンチと喧嘩になった   あの子の涙の行方をめぐり   死地を探すポーンのフリして   裸のダイスを握り込む     『ゾロ目が「やっちまえ」とそそのかす夜』         ***

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 河童の川流れに誤訳を
    2021/07/05 21:42
    河童の川流れに誤訳を

         新説「河童の川流れ」を書けというお題が出てね。  ちょっと書いてみたのがこれ。     河童の川流れ(カッパのカワナガれ)   意味    川に住む河童が数年に一度、陣地を広げるために集団で

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 正確に円周を求められないのは何故か?
    2021/07/04 16:07
    正確に円周を求められないのは何故か?

     この間テレビの円周率関連の話題の時、『円の直径を求めた後で円周の長さを正確に求めるのは不可能に近い』みたいな話があったんだよ。  ソクラテスが多角形を用いて円周を求めようとしたなんて話だね。学校でや

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

  • 正義感
    2021/07/02 15:56
    正義感

    間違いを否定すること間違いを受け入れること正しさって何?

    ノミハート

    夢幻の煌めき

  • 夢を見た後で幸せがないことを知られた幸せ (詩)
    2021/06/30 23:50
    夢を見た後で幸せがないことを知られた幸せ (詩)

               赤い実を付ける樹になるからね  誰よりも高く大きくて  どこからでも貴方を見てる  そんな 樹になるからね       「長生きしてね」と君は微笑み  朧気な影を引き連れて  ぷ

    千才森 万葉

    千才の迷い森Blog

カテゴリー一覧
商用