ブログで縦書き

  • トラコミュとは?
ブログで縦書き
普通のブログに、いろいろな方法で「縦書き」を導入しているひと、試みているひと、「縦書き」した記事を寄せてみませんか。
内容はなんでも構いません。集まったら何か面白いかも…。トラックバックお待ちします。

トラコミュ機能

テーマにそった記事をトラコミュにトラックバックすることでトラコミュ参加メンバーになれます。トラコミュはブログ村メンバー専用です、ぜひご参加ください。→ ブログ村新規登録(無料)

  直接トラックバック解説ページへ

トラックバック記事(投稿記事)

くつきちよこさん
蛙の庭さん
  • 探査船はやぶさの帰還に寄せて
  • 探査船何かを言い出せずに黙りこくる宵の空人間よ あなたたちの時代は終わりですきっとそんな言葉だろうと怯えながらひとびとは今日も暗い森へ帰っていく四辺の夜はまだ遠...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • もう一度見直したくなる映画「パーマネント野ばら」
  • 映画「パーマネント野ばら」を家族で観る。大分市内の繁華街にある「シネマ5」という映画館。単館系あるいはミニシアターと呼ばれる映画館で、大分ではここでしか観られな...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 大分の史跡めぐり05 長安寺太郎天像
  • 書きたいことは沢山あるのだが、仕事があったり腰痛があったりで、たまに書くと何だか脈絡がなくなってしまう。が、まぁ続けて読む人がそういるわけでもないし、そこは気楽...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 詩誌「詩創」23号掲載作品
  • 冬日鳥たちがざわざわと不毛な議論を交わす午後きみは向かい合う鏡の自分の数を数えながらその奥へ奥へと隠れる過失の記憶を反芻するいつまでも清掃中の終わらないトイレ...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 歯痛と腰痛と〆切りの日々
  • 間違いと思い切れども少年の橋高くしてサイレン止まずここ10日間ほど歯痛と腰痛と仕事の〆切りに悩まされている。ぼくはもともと肩こり持ちで、肩こりと歯痛は親戚みたいな...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 大分の史跡めぐり04 富貴寺大堂
  • 真木大堂から車で10分ほどで「富貴寺」に着く。胎蔵寺とか伝乗寺、長安寺、天然寺、文殊仙寺など付近の各寺院名と比べると、何となく名前の語感が違う。名付け方の発想が違...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 詩を読む楽しみ07 中村稔「凧」
  • 詩を読む楽しみ07凧               中村稔夜明けの空は風がふいて乾いていた風がふきつけて凧がうごかなかったうごかないのではなかった 空の高みにたえず...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 大分の史跡めぐり03 元宮磨崖仏
  • 真木大堂から富貴寺方向へ車で向かうと、2キロほど行った道の左脇に「元宮磨崖仏」がある。あると知らず前ばかり見て運転していると見逃してしまいそうなほどこぢんまりと...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 大分の史跡めぐり01 熊野磨崖仏
  • 大分は磨崖仏が多い。山川出版の「大分県の歴史」によれば、「安山岩の礫を多く含む岩質」のゆえに、国東半島の磨崖仏は「半肉彫りのレリーフ状のものが多」く、大分市から...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 大分の史跡めぐり02 真木大堂
  • 「大分県の歴史」によれば「平安時代の後半以降、国東半島の『里』はほとんどが宇佐宮やその神宮寺弥勒寺の荘園となり、『山』は天台宗延暦寺の末寺六郷山の土地になった」...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 大分の史跡めぐり そのはじめに
  • ぼくは鹿児島の出身なので、越してきたばかりの頃は大分の歴史は知らないことが多く、新鮮だった。長男も高校生になり、近頃は歴史に興味を持っているようなので、改めて二...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • ルーツにB級の匂いが香る快作SF「第9地区」
  • 昨日は5月1日。毎月1日は千円で映画が観られる「映画の日」―なのだけど、4月から夫婦50割引が使えるようになった身としては、何となく損をしたような気分になるから不...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 古い詩と古い写真と似たような街の思い出
  •  *空の終わりへの果てしない助走絶え間ない声の谺をなぎ倒して猶も闇雲に進もうとしていたきみのほほを染めた不意の夕映えにあたりは急に押し黙り遠ざかりぶざまなあかい...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 哲学者の契約
  • 哲学者の契約王さんが監督を辞めてアンチ巨人に鞍替えした頃妻と出会って結婚したやがて長島が監督に復帰してぼくはまた巨人ファンに戻ったが妻は筋金入りの巨人嫌いひどい...
  • 蛙の庭 縦書き詩集ブログ版
蛙の庭さん
  • 歴史のif 〜もし義経が大分に来ていたら、と考えてみる
  • 花は花に秘められ眠る深々と老桜を抱く五月のみどり今日から黄金週間。だが、妻は基本的に祝日が無視される勤務先なため、休めるのは土日のみで今日も出勤。子どもは今日...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 葉桜の並木に消えた花びらの行方を思う
  • 葉桜の下生えの濃き緑へと秘められてゐる一片のはな自宅から徒歩数分のところにある大分川の堤防は、桜の名所のひとつで、四月初めから中旬にかけての土日は、弁当を囲む家...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 徳之島に住んでいた頃四月の夜に書いた詩
  • 四月の猫幽霊には何度か会ったことがあるけれど、いつの場合も、いったい誰の幽霊だったのか分からずじまいだ。こんな取り柄のないぼくにだって、何か話しかけたかった幽霊...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 旅立ち前
  • 旅立ち前ぼくは船乗りになるために家を出るそれはもう確かなことだ世界はどんなふうに創られているのだろう本を読めと父さんは言った空を流れる雲を見上げて風に耳を澄ませ...
  • 蛙の庭 縦書き詩集ブログ版
蛙の庭さん
  • 桜の道―甲突川に寄せて―
  • 桜の道―甲突川に寄せて―川沿いにのぼっていくとあのこのむかしの家があって土曜日の午後にはいつも川面をわたる風に吹かれた川べりに桜が咲きほこる頃一度だけあのこを無...
  • 蛙の庭 縦書き詩集ブログ版
蛙の庭さん
  • 詩を読む楽しみ06 岩田宏「ルフラン」
  • 詩を読む楽しみ06ルフラン            岩田宏 ( すべてをルフランに変える青春の無知)あの廻ってる人たちあの光ってるネオンあの歌ってる女「あなたに惚れ...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 散り敷くさくらとシャッターアイランドの落胆
  • まだ誰も踏んではいない新雪のごとく降り敷く雨後の花跡さくらの終わりはどうしても雨が降るものらしい。前の週までは、昼休みにそこそこの人出があった府内城址も、週明け...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • ビスケットの日
  • ビスケットの日ビスケットの日のことをむかし教えてくれた娘がいてその日が何日だったのかもそのこの顔さえももう忘れてしまったのだけどあゝそんな日があるんだなぁと思っ...
  • 蛙の庭 縦書き詩集ブログ版
蛙の庭さん
  • さくらの終わりと濠端の亀の万年の夢
  • お濠には花また花の万年を亀は夢見るふたりでいる春大分のさくらはたぶんこの土日で終わりだろう。もちろん、全国的には、まだまだこれからが本番というところも多いに違い...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 詩を読む楽しみ05 杉山平一「桜」
  • 詩を読むたのしみ05桜           杉山平一毎日の仕事の疲れや悲しみから救はれるやう日曜日みんなはお花見へ行くやさしい風は汽車のやうにやつてきてみんなの疲...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 夕焼け
  • 夕焼け 川面に夕焼けが映っている 茜色のちぎれ雲が揺れている 名もない小さな橋の下で王様は夕焼けが好きだったもちろん嫌いな人もいるのだろうけどそんな人を思いつく...
  • 蛙の庭 縦書き詩集ブログ版
蛙の庭さん
  • 山里の老桜に花見の王道を思ってみる
  • 海を渡る蝶のごとくにひと群れの花はらはらと大河を越える―といった歌とはまったく関係ないが、写真の桜は、別府市の安楽寺というお寺にある「しだれ桜」。安楽寺は、城島...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 詩を読む楽しみ04 山村暮鳥「風景」ほか
  • 詩を読む楽しみ04風 景 純銀もざいく           山村暮鳥いちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはな...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 雨上がりの桜・まだ濡れている土・花見のシート
  • まだ誰も来ない花見のシートにもさくら降り敷くさらば三月春一番の強風に送られて日曜日に鹿児島へ。そのときはまだ一部の早咲きの桜しか開いていなかったが、昨日、戻って...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 羊飼いの歌
  • 羊飼いの歌春になるといちめんのれんげ畑を駈けまわり海を見おろす丘に登って緑の草に寝ころんだ海と空の溶け合うあたりにぼくらの未来は揺れていたそんな豊かな時間をぼく...
  • 蛙の庭 縦書き詩集ブログ版
蛙の庭さん
  • 濠端のやなぎ青める雑用の日々
  • 濠端のやなぎさみどり陽を浴びてわれにも輝くもののあるらしいろいろと雑用が続いている。まず自宅のケーブルテレビのセットトップボックスの機種変更。これまではハードデ...
  • 蛙の庭・縦書きたい写真日記
蛙の庭さん
  • 西銀座午後六時
  • 西銀座午後六時仕事など嫌いだと思ってきた問われればそのまま答えてきた有楽町マリオンの丸時計よいつからだろう ぼくの時間は後ろ手に飛び出す玩具を隠してどきどきして...
  • 蛙の庭 縦書き詩集ブログ版
蛙の庭さん
  • 草原2
  • 草原眠りながら 笑い出したり不意に泣いて目覚めることもあるから赤ん坊も夢を見ているということか良い方の夢は 察しがつくやわらかな子宮の時間 母親の心音に満たされ...
  • 蛙の庭 縦書き詩集ブログ版
蛙の庭さん
  • 草原1
  • 草原両手を握りしめて息子が眠っている破り散らされた雑誌の表紙やくしゃくしゃにされた折込広告赤ん坊の健康はありがたいがまだ学生を続けている妻とふたり目を合わせては...
  • 蛙の庭 縦書き詩集ブログ版
蛙の庭さん
  • 犬田布
  • 犬田布草の上に寝ころぶ勢いをつけて草の上を転がり落ちる海までは遠い川の堤の上からなら柔らかな土筆(つくし)を背中でつぶしながら川べりまで転がることができた天降川...
  • 蛙の庭 縦書き詩集ブログ版

トラックバックコミュニティを作ろう

トラコミュ検索ヘルプへ

あなたの興味があるテーマは他のブロガーも気になっているかもしれません、メンバーであればトラックバックコミュニティを作成できます。

蛙の庭さん: 縦書きで詩を綴るブログです。
縦書き部分は縦書きHTMLソースを自動生成するサイトを使用しています。くつきちよこさん: 世の為人の為自分の為のノンジャンル情報ログ
日々溢れるネットネタをキッチュ目線でチョイスし発信蛙の庭さん: 縦書きHTMLソース作成サイト「縦書きたい」を使った縦書きブログ日記(携帯写真付き)です。
蛙の庭さんくつきちよこさん蛙の庭さん
秋水時鶏さん: 一介の芸術学士が読破した本をばりばり紹介していく書評ブログです。: :
秋水時鶏さん

関連トラコミュ

  •  
時事問題一般社会・社会全般日常の小さなできごとを愛する生活
時事問題一般社会・社会全般日常の小さなできごとを愛する生活
デザイン、アート滅び逝 く 『 美 学 』 描いたら見せる☆これ基本
デザイン、アート滅び逝 く 『 美 学 』 描いたら見せる☆これ基本
イラスト・まんが・挿絵・デザインイラスト(イラストレーション、挿絵)雑記・雑文
イラスト・まんが・挿絵・デザインイラスト(イラストレーション、挿絵)雑記・雑文
ブログの記事、ブログの話題オールジャンル日記スケッチ・淡彩
ブログの記事、ブログの話題オールジャンル日記スケッチ・淡彩
パフォーマンス・アート浮世絵絵画、絵
パフォーマンス・アート浮世絵絵画、絵
「アート」が好きアート全般の動画 江戸の下町 粋生きと♪〜らっしゃい東京〜
「アート」が好きアート全般の動画 江戸の下町 粋生きと♪〜らっしゃい東京〜
日記・ひとり言 なんでも話題絵日記日記、ダイアリー
日記・ひとり言 なんでも話題絵日記日記、ダイアリー
+++ 美容ブログ +++Ameba Blog(アメブロ)パソコン初心者が始めたお小遣い稼ぎ!!
+++ 美容ブログ +++Ameba Blog(アメブロ)パソコン初心者が始めたお小遣い稼ぎ!!
すばらしきかな50代女性ブロガーアメーバブログ
すばらしきかな50代女性ブロガーアメーバブログ
何でもブログOK自由ブログなんでもかんでも
何でもブログOK自由ブログなんでもかんでも
ジャンルなんて気にしない!!オールジャンル ブログ50代主婦日記
ジャンルなんて気にしない!!オールジャンル ブログ50代主婦日記
アメブロ(アメーバブログ)ユーザーアメブロ (アメーバブログ) アクセスアップトラックバック大募集!
アメブロ(アメーバブログ)ユーザーアメブロ (アメーバブログ) アクセスアップトラックバック大募集!
企業経営初心者さん。働く女。恋愛&結婚
企業経営初心者さん。働く女。恋愛&結婚
日記動画ブログ海外生活ってどうよ
日記動画ブログ海外生活ってどうよ

新しく参加したメンバー

  •  

ブログで縦書きトラコミュについて

  •  
  • テーマ名:ブログで縦書き
  • 管理人:蛙の庭さん
  • カテゴリー:ブログブログ
  • 参加メンバー:4
  • トラックバック:141
  • テーマ作成日:2009/07/25(土) 10:15